トップ > 診療科目: 外科

診療科目: 外科

外科診療

  • 避妊、去勢
  • 軟部外科(消化器、泌尿器、生殖器など)
  • 腫瘍外科(体表腫瘍、腹腔内腫瘍、口腔内腫瘍など)
  • 整形外科(骨折、脱臼など)
  • 神経外科(椎間板ヘルニア症など)
  • 歯科疾患(歯石除去、抜歯など)
  • 眼科疾患(各種フラップ、眼瞼腫瘤、チェリーアイ、眼球摘出など)

当院ではさまざまな方法で手術による生体への負担を極力減らす努力もしております。
以下に一例を紹介します。

■ ソノサージ(超音波手術システム)

ソノサージ

ソノサージは超音波のエネルギーで血管の凝固と同時に切開ができる最新の超音波メスで、糸を使わずに安全・確実な止血・切除ができるので手術時間の短縮が可能となります。

また近年問題になっている縫合糸反応性肉芽腫と呼ばれる縫合糸が原因でおこる疾患予防にもなります。

■ 消化管内視鏡システム

消化管内視鏡システム

異物を飲み込んだ際に体を傷をつけずに異物を取り除くことができるため、入院の必要もなく負担の少ない方法です。ただし、腸内に異物が流れてしまった場合、手術しか方法がなくなってしまいます。

また異物除去だけではなく長期間にわたり嘔吐、下痢が続いているときには消化管の観察、組織をとることにより確定診断を行うことができます。

胃内異物

十二指腸の観察

十二指腸生検

結腸の観察

■ ICU(酸素室)

24時間体制で温度、湿度、酸素濃度を管理することができます。
酸素吸入が必要な重症な動物達の治療や手術後の回復室として使用します。

■ よくみられる手術の一例

腹壁ヘルニア

先天性、後天性(事故、術後)に関わらず、腹筋に穴があき、その穴から腹腔内の内容物(脂肪、腸管)が出入りしている状態です。
治療には手術しかなく内容物が絞扼して血流が遮断されると壊死、疼痛がおこり最悪の場合命に関わることになります。

腸閉塞

直前まで元気にしているが異物が腸につまった直後から頻回に嘔吐をするようになります。
この場合早期に診断、手術を行わなければ腸管の壊死、腹膜炎により命を落としてしまいます。

胆嚢疾患

総胆管の閉塞により嘔吐、黄疸、元気消失、突然死が起こる疾患で高脂肪の食餌、高脂血症、ホルモン疾患などの影響で胆嚢の収縮力が落ちるのがきっかけだと考えられています。
閉塞が起きれば手術が必要になりますので定期健診などで普段から胆嚢の状態を知っておく必要があります。

膀胱結石

膀胱内に結石ができ、長期間にわたる血尿、頻尿を繰り返す病気です。
結石の成分により治療方法は様々で食事療法で改善される場合もあれば手術でしか改善しない場合もあります。

脾臓腫瘍

健康診断で偶然発見されるか、腫瘍が破裂することによる出血で状態が悪くなり発見される疾患です。
破裂さえしなければ無症状なことも多いものですが破裂した場合大量の出血が起こります。